明石市 不動産|株式会社ニムス N不動産 > (株)ニムスのスタッフブログ記事一覧 > 不動産を売却するさいの按分とはなにかについて解説

不動産を売却するさいの按分とはなにかについて解説

≪ 前へ|「ゆあ訪問介護」訪問介護事業を開始しました!!   記事一覧   不動産購入を検討している方必見!「スマートハウス」の費用やメリットを解説|次へ ≫

不動産を売却するさいの按分とはなにかについて解説

不動産を売却するさいの按分とはなにかについて解説

マイホームなどの建物と、建物が建っている土地を一緒に売却したいと考えることも多いかもしれません。
この場合は、あらかじめ按分について理解しておく必要があります。
注意点などもありますので、よく考えて進めていきましょう。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産の売却をする場合に知っておきたい按分とは

マイホームとそれが建っている土地を一緒に売るような場合、価格のどれくらいを建物が占めて、どれくらいを土地が占めているのか決めることを「按分」と言います。
つまり、建物と土地それぞれの割合のことです。
なぜこういったことをする必要があるのかというと、建物と土地の割合によって税金などいろいろな違いが出てくるからです。
建物の割合が多くなれば、買主側にとって、特別控除を受けることができるなどのメリットが得られます。
土地の割合が多くなると、消費税を抑えることができるため、売却する人にメリットがあります。
このような理由があるので、按分は、慎重に考えて決める必要があるのです。

不動産の売却で按分する方法とは

方法は一つだけではありませんので、比較しながら良いと思うものを選ぶことになります。
売りたい人と買いたい人との間で話し合いをもうけ、決定することもできます。
固定資産税評価額を参考にして、決めるやり方もあります。
また、不動産鑑定士に依頼して按分を決めることもできますので、それぞれのメリットなどを理解したうえで判断してください。
不動産鑑定士に判断してもらえば、よりくわしい評価が得られますのでそこが良い点でもありますが、費用が高いというデメリットもあります。

不動産の売却で按分する場合どんな注意点があるのか

按分によって買い手と売り手が得られるメリットが異なってきます。
そのため、どちらも納得できるような決め方が必要で、どちらも尊重しながら判断することもポイントとなります。
くれぐれも、どちらか一方だけが得をするような決め方はしないようにしましょう。
また、買い手と売り手間で話し合いをおこない、互いに納得したうえで売買契約を締結することでトラブルを未然に防ぐことに繋がります。

まとめ

不動産を売却する際に、知っておく必要があるのが按分です。
按分とは、建物と土地を一緒に売る場合におこなうもので、方法も複数あります。
売る人と買う人が納得できるような決め方をすることも大切ですし、慎重に検討することも注意点です。
私たち株式会社ニムスは、明石市を中心に多数の売買物件を取り扱っております。
不動産売買をご検討の方は、お気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|「ゆあ訪問介護」訪問介護事業を開始しました!!   記事一覧   不動産購入を検討している方必見!「スマートハウス」の費用やメリットを解説|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却査定
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
  • 更新情報

    2021-10-08

    訪問介護の画像

    訪問介護

    訪問介護はじめました!...

    更新情報一覧

  • お問い合わせ
  • お客様の声
  • スタッフ紹介
  • 内部ブログ
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    (株)ニムス
    • 〒673-0882
    • 兵庫県明石市相生町2丁目5-5
    • TEL/078-915-0366
    • FAX/078-915-0367
    • 兵庫県知事 (1) 第401618号
  • QRコード
  • 更新物件情報

    2022-09-21
    神戸市垂水区泉が丘 売土地の情報を更新しました。
    2022-09-21
    明石市大久保町谷八木 新築戸建の情報を更新しました。
    2022-09-21
    垂水高丸住宅の情報を更新しました。
    2022-09-21
    明石市大久保町大久保町 売土地の情報を更新しました。
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る